無垢の家とは - CO2ゼロ・化石燃料ゼロ・ホルムアルデヒドゼロ -

					無垢の家とは

スリーゼロ住宅 郷の家
職人のものづくりの魂が宿る家

郷の家は日本古来の伝統工法「真壁仕上げ」と樹齢1000年を超えるヒバ材の土台を使った抜群の耐久性を誇る、親から子、子から子孫へ安心して住み継がれる家です。

郷の家オール4寸(12cm角)真壁仕上げ

高度な建築技術が要求されるものづくりの真髄!自社工場で真壁パネルを製造さらに郷の家は木材の使用量が一般工法の約2倍。

郷の家オール4寸(12cm角)真壁仕上げ 1  郷の家オール4寸(12cm角)真壁仕上げ 2

国宝羽黒山五重塔は約600年前に再建された東北地方最古の塔。伝統木造建築の耐久性を取り入れた郷の家。

1.1400年以上の歴史が証明する日本古来の伝統工法
2.柱はすべて4寸(12cm角)
3.木材の使用量が一般工法の約2倍。
4.特許技術の乾燥機が実現する木組み。
5.寸法・バランス・高度な建築技術が要求されます。

郷の家樹齢1000年・天然ヒバ土台

樹齢1000年虫を寄せ付けないヒノキチオールを放出する天然ヒバ材を使用

郷の家樹齢1000年・天然ヒバ土台 1  郷の家樹齢1000年・天然ヒバ土台 2  郷の家樹齢1000年・天然ヒバ土台 3

1400年の歴史! 世界最古の木造建築『法隆寺』に使用。

1.樹齢1000年
2.緻密な木目・硬い樹種で家全体の重量を支えます。
3.天然成分ヒノキチオールで害虫除去。薬品処理一切無し!
4.不朽菌も寄せ付けません。

ローンが終わる前に立替え?

新潟県中越地震 1

このデータは国土交通省が建設白書の中で試算したものをもとに作成したグラフです。
上のグラフから分かるように、日本の住宅の平均建て替え年数は他国と比べると短いことが分かります。原因としては、日本の気候風土に合わない工法や、耐久性の低い材料が使われた住宅が多いということがあげられていますが、世界最古の木造建築「法隆寺」はなんと約1400年の歴史があります。夢ハウスでは伝統の木造建築を研究し、その技術を郷の家に活かしています。「すべて天然無垢材」「真壁工法」「適材適所の気遣い」すべてが職人のなせる技なのです。新建材では100年もつ家は建てられません。ものづくりの魂が宿る郷の家をごらんになって、価格だけではない「耐久性の価値」を考えてから家づくりを始めてください。